基板

チェックする必要がある

作業員

私達の身の回りは色々な化合物で溢れかえっています。私達の生活に役立つ物も多く存在していますが、毒性が強くて危険な物質も存在しています。PCBもその一つであり、私達人類にとっては毒性が強い物質として知られているので、混入しないように注意する必要があります。PCBとはPoly Chlorinated Biphenylの略称であり、日本名にするとポリ塩化ビフェニルの事を指します。化合されている分子の量などによって細かく分類かされており、200種類もの種類が存在していると言われています。昔は溶けにくい事や絶縁性がある事から重宝されていましたが、一昔前に禁止されるようになってからは混入しないようにするためのチェックが厳重になっています。基本的には使用しないようになっていますが、自然環境でも発生してしまう可能性がありますので、新しい商品を作った場合などには専門機関に依頼してチェックしてもらうのが一般的となっています。

PCBが混入しているかどうかをチェックするにはPCB分析を行なうのが最良の手段です。意図しない状態で混入してしまったとしても、その商品に関する企業の信頼性にも関わってきますのでPCB分析をしっかりと行なう必要があります。PCB分析は早いところでは三時間くらいでチェック可能となってきていますので、依頼をしてからすぐにでも結果が分かるようになっています。万が一にも検出された場合は適切な方法で処理をする必要があり、個人で勝手に捨てた場合は法的な処罰が下されるので注意しましょう。処分方法などは、PCB分析を行なっている企業や専門企業などが把握していますので、プロの意見を聞いてから行動に移しましょう。少しのミスで大きな事故になる危険性がある物質ですので厳重に扱いましょう。PCBの混入を防ぐためにも分析を行なって無実を証明しましょう。