基板

動作をチェックする

基板

耐久性を測定するテストの一環である引張試験とは、主に金属材料でできた部品を、線で結ぶと直線軸を作る様に相対する2つの部位から引っ張る事で伸長させ、その状態の強度を測定するタイプのテストです。金属の他にはプラスチックや樹脂による製品も対象としており、これらの素材の板や円柱状、フィルム状態のサンプルでのテストが行われます。 曲げる動作に対する耐久性を示すテストの1種となる引張試験はその形式から、主に伸長動作が加えられる確率があるとされる製品に対して行われるテストとなっています。 したがって、これらの製品に関わる業者としては、想定外の伸縮動作を加えられた時に備えた、製品利用におけるリスク管理および製品の耐久能力の把握という意味合いがあるとされており、引張試験を見過ごせない立場となっています。

引張試験では伸長させるという特徴的な工程を必要としており、試験実施には専用の伸長機器を必要としています。特にサンプル素材が大型の場合は、測定器もそれに対応したサイズのものを用意する必要があります。 また、限界まで引き伸ばされた素材サンプルが破損する際は、相応の音と衝撃が発生します。そのため、引張試験は専用の試験環境内部で行われる必要があるとされています。 こうした前提がある引張試験は、試験業務を専門のサービスとして行っている業者に外注するケースもあるとされます。こうした専門業者であれば引張試験の他にも、素材の強度を測定するために行われる複数の強度テストを兼ねて行う事があるとされています。 また、実施後にはテストの結果をデータとしてまとめ、依頼者に提供する所まで行われるともされます。